再発・難治性の慢性リンパ性白血病(CLL)の
薬物療法と主な副作用

再発・難治性の慢性リンパ性白血病(CLL)の薬物療法では最初に行った薬物療法と治療内容が異なることがあります。このページでは、再発・難治性CLLで使われる主な薬剤(分子標的薬)の特徴についてご紹介します。

再発・難治性CLLの薬物療法

再発・難治性CLLの薬物療法では、最初の治療のときよりも使える薬剤が増えます。
CLLでは新しい薬剤が出てきており、その薬剤の有効性の検証と安全性を検討する試験が再発・難治性CLLから進められているからです。

再発・難治性CLLの薬物療法で用いられる薬剤(分子標的薬)1)

再発・難治性CLLの薬物療法では、最初の治療の薬剤を使うこともできます(詳細はこちら)。ここでは、再発・難治性CLLの治療から使える分子標的薬について以下にまとめました。

薬効分類 特徴
分子標的
治療薬
ブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)阻害剤 B細胞の増殖にかかわる信号を出すBTKという物質に作用して、CLL細胞が増えるのを抑制する
ヒト型抗CD20 モノクローナル抗体 薬剤である抗体がCLL細胞の表面にある特定のマーク(CD20)にくっつくと、免疫細胞などが、がん細胞を攻撃する
ヒト化抗CD52 モノクローナル抗体 薬剤である抗体がCLL細胞の表面にある特定のマーク(CD52)にくっつくと、免疫細胞などが、がん細胞を攻撃する
BCL-2阻害剤 薬剤がCLL細胞のアポトーシス(細胞死)をコントロールしているBCL-2という物質に作用して、CLL細胞のアポトーシスを誘導する
※最初の治療でも使用できる薬剤を含むが、最初の治療とは別の薬剤が選択される場合がある

再発・難治性CLLの治療で用いられる薬剤(分子標的薬)の主な副作用

最初の治療で用いられる薬剤と同様、あらかじめ出やすい副作用がわかっていると、その対策を立てることができます2)(最初の治療で用いられる薬剤の主な副作用はこちら)。

薬効分類 主な副作用 (頻度が高いもの)
分子標的
治療薬
ブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)阻害剤 頭痛、下痢、挫傷、疲労 など
ヒト型抗CD20 モノクローナル抗体 咳嗽、下痢、腹痛、疲労、発熱 など
ヒト化抗CD52 モノクローナル抗体 食欲減退、頭痛、低血圧、吐き気・嘔吐、下痢、そう痒症、じん麻疹、発疹、悪寒、発熱、疲労 など
BCL-2阻害剤 悪心、下痢 など
*臨床検査値異常を除く
  • 1) 日本血液学会編:造血器腫瘍診療ガイドライン 2018年版補訂版. 金原出版, 2020, pp.127
  • 2) 国立がん研究センター:がん情報サービス 一般の方向けサイト 慢性リンパ性白血病/小リンパ球性リンパ腫 治療
    https://ganjoho.jp/public/cancer/index.html [2020年8月6日アクセス]

再び症状が出た方/治療効果が弱かった方(再発・難治性)に関する記事

  • リヒター症候群について

    リヒター症候群について

    詳細へ

  • 再発・難治性の慢性リンパ性白血病(CLL)とは?

    再発・難治性の慢性リンパ性白血病(CLL)とは?

    詳細へ