CLLとは?

CLLの主な症状

初期の頃は症状がほとんどなく、血液検査でわかることが多い

CLLは、最初のうちは症状があらわれないことも多く、健康診断の検査で血液の異常がわかって、精密検査を受ける場合も多いのです。

CLLと診断されても、症状が出るまで数年~10年以上かかることもあります。
この病気の場合、血小板の減少や、CLL細胞の倍加時間が短くなってきたなどの異常が認められたり、症状が出てくるまでは慌てて治療する必要がないとされており、経過観察のみで長く付き合っていくこともあります。

CLL細胞が体内で増えてくると、症状が出てくる

CLL細胞が体内で増えて病気の活動性が上がってくると、 発熱、寝汗(盗汗)、体重減少など、様々な症状が出てきます1,2)
このような症状が出た場合は治療が必要です。

また、貧血症状が出ることがあるほか、正常な白血球や抗体が減ってしまうため、免疫機能が下がってしまい、感染症にかかりやすくなってしまいます。

  • 1) Wierda WG, Byrd JC, Abramson JS, et al. NCCN Clinical Practice Guidelines in Oncology (NCCN Guidelines®).Chronic Lymphocytic Leukemia/Small Lymphocytic Lymphoma.
    V.2.2019. National Comprehensive Cancer Network® (NCCN®). October 2018: 1-86.
  • 2) Awan FT, et al. eds. Hematology: Basic Principles and Practice. 7th ed. Philadelphia, PA: Elsevier, Inc.; 2018: 1244-1264.