CLL患者さんの新型コロナウイルス
などの感染症対策

  • CLL
  • HOME
  • CLL患者さんの新型コロナウイルスなどの感染症対策

CLL患者さんの新型コロナウイルスなどの感染症対策

CLLでは、感染症にかかりやすくなる

CLLは、患者さんの免疫力を下げてしまいます。少し掘り下げて説明します。 CLLはB細胞が異常になってしまう病気です(詳しくはこちら)。そもそもこのB細胞は、ウイルスや細菌などの“外敵”とたたかう「抗体」をつくる細胞などに変化します。

CLLでB細胞ががん化すると、正常な抗体がつくれなくなり、ウイルス・細菌を効率よく攻撃できにくくなります1)

そのほか、他の免疫細胞の機能も下がってしまいます1)

CLLは高齢の患者さんが多いため、新型コロナウイルス感染症には注意が必要

免疫力の低下に加えて、CLL患者さんの多くは高齢とされています。この2つは、新型コロナウイルス感染症が重症化する危険因子とされており、実際にCLL患者さんが新型コロナウイルスに感染した場合、重症化の割合が高いことが報告されています2)
このことから、CLL患者さんの感染症対策はとても重要になります。

新型コロナウイルス感染対策

いま問題になっている新型コロナウイルスは、飛沫と接触でうつるとされています3)
まずは、この飛沫と接触を避けることが感染対策になります。いわゆる“3密“の回避です3)
ただ、“3密”を避けたとしても、ウイルスはどこに潜んでいてもおかしくありません。手洗い・消毒・マスク着用などの感染対策を徹底しましょう。

対策1:手洗い・消毒

手洗いは、こまめにおこなうことがポイントです。消毒は、手洗いができないときに活用しましょう3)

対策2:マスク

マスクは咳エチケットの一つで、飛沫を飛ばさないようにします。ただし、人との距離が2メートル以上保てているときはマスクを外しましょう。特に熱中症予防に有効です4)
マスクを取るときにはウイルスが付いている可能性があるので、ゴムひもを持って外します。

何らかの症状が出たら医療機関に相談

CLLの場合、特徴的な症状に発熱があります。ただ、これは新型コロナウイルス感染症でもみられます。

発熱だけをみても何が原因なのか判断できません。まずは、CLLで受診している医療機関に相談しましょう。場合によっては「帰国者・接触者相談センター」へ相談することもあるかもしれません。

※相談先は、厚生労働省ホームページ「新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センター(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html)」をご覧ください。