慢性リンパ性白血病(CLL)の
最初の薬物療法と主な副作用

慢性リンパ性白血病(CLL)は、患者さんの状態に合わせて治療が決められます。このページでは、治療の内容を決めるフロー、および最初の薬物療法で用いられる薬剤の特徴についてご紹介します。

薬物療法は患者さんの状態に合わせて決められる

CLLの治療では、患者さんの年齢、合併症の有無、心 臓や肺などの臓器の機能、感染症の有無などの状態によって治療が決められます1)。標準的な治療を受けられる状態をfit(フィット)、標準的な治療を受けることが難しい状態をunfit(アンフィット)、身体が弱っていていずれの治療にも耐えることが困難な状態をfrail(フレイル)として区別されます。なお、身体の評価は患者さんの予後にも関係します(詳しくはこちら)。また、遺伝子検査の結果も治療選びに影響します。


治療

身体の評価(fitness)

fit
(フィット)

CLLの標準治療が実施できます

unfit
(アンフィット)

CLLの標準的な治療は推奨されません
⇒標準治療から投与量を減らすなど治療は弱めになることもあります

frail
(フレイル)

身体が弱っているため支持療法を実施します
(詳しくはこちら

近年、経口の分子標的薬が使用できるようになり、標準治療も変化してきていますので、治療の選択にあたっては、ご自身の希望も含めて主治医とよく相談してください。

最初の薬物療法で用いられる薬剤1)

CLLの最初の薬物療法では、以下に示す薬剤が使われます。

薬効分類 特徴
化学療法薬 代謝拮抗薬(プリン代謝拮抗薬) CLL細胞の増殖の鍵となる遺伝子などに作用して、CLL細胞を攻撃する
アルキル化剤(マスタード類)
分子標的治療薬 ブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)阻害剤 B細胞の増殖にかかわる信号を出すBTKという物質に作用して、CLL細胞が増えるのを抑制する
抗CD20モノクローナル抗体 薬剤である抗体がCLL細胞の表面にある特定のマーク(CD20)にくっつくと、免疫細胞などが、がん細胞を攻撃する(免疫療法)

薬剤を組み合わせて使う「化学免疫療法」

化学療法と免疫療法(抗CD20モノクローナル抗体)を併用する方法です1)。この方法は、作用する場所が異なる複数の薬剤でがんを攻撃できるため、様々な組み合わせの治療法があります。

化学免疫療法

最初の治療で用いられる薬剤の主な副作用

開始当日~数ヵ月は投与する薬剤の量が多いため、副作用が起こりやすくなりますが、あらかじめ出やすい副作用がわかっていると、その対策を立てることができます2)

CLLの薬物療法(化学免疫療法を含む)で留意すべき副作用2)
骨髄抑制および感染症 赤血球、白血球などが減ってしまい、感染症にかかりやすくなる(感染症対策はこちら
薬効分類 主な副作用(頻度が高いもの)
化学療法薬 代謝拮抗薬(プリン代謝拮抗薬) 吐き気・嘔吐、脱力感、発熱、疲労 など
アルキル化剤(マスタード類) 吐き気・嘔吐、脱毛、貧血、静脈炎、便秘、下痢、口内炎、鼻咽頭炎、食欲不振 など
分子標的治療薬 ブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)阻害剤 下痢、吐き気、発疹、挫傷、疲労 など
抗CD20モノクローナル抗体 吐き気・嘔吐、発熱、疼痛、倦怠感、咽喉頭炎、鼻炎、貧血 など
※臨床検査値異常を除く
  • 1) 日本血液学会編:造血器腫瘍診療ガイドライン 2018年版補訂版. 金原出版, 2020, pp.126
  • 2) 国立がん研究センター:がん情報サービス 一般の方向けサイト 慢性リンパ性白血病/小リンパ球性リンパ腫 治療 https://ganjoho.jp/public/cancer/CLL/treatment.html [2020年8月6日アクセス]

今から治療を開始される方に関する記事

  • セカンドオピニオンについて

    セカンドオピニオンについて

    詳細へ

  • 慢性リンパ性白血病(CLL)の治療の基本的な考え方と治療目標

    慢性リンパ性白血病(CLL)の治療の基本的な考え方と治療目標

    詳細へ

  • 慢性リンパ性白血病(CLL)の治療の種類

    慢性リンパ性白血病(CLL)の治療の種類

    詳細へ