CLLとは?

CLLはゆっくりと進行する

CLLの進行は臨床病期で判断1)

CLLはゆっくりと進んでいく進行性の病気なので、臨床病期(ステージ)で病気の進行度合いを確認していきます。病気が進行していなければ早期、進んでいれば進行期とされます。
CLLの病期分類には、米国で主に使用されているRai(ライ)分類と、欧州で主に使用されているBinet(ビネ)分類の2種類がありますが、どちらもリンパ節の腫れや血球減少の程度などをもとに病期分類されます。日本では、両方の病期分類が使われています。


【Rai(ライ)分類】

早期

進行期

リンパ組織の腫れは、①頭頸部、②腋窩(えきか:ワキの下)、③鼠径部(そけいぶ:太もものつけ根)、④脾臓、⑤肝臓の5領域で評価され、腫れが身体の左右どちらかであっても1領域と評価します。

  説明2)
0期 ・リンパ球増加のみ
Ⅰ期 ・リンパ球増加
・リンパ節の腫れ
Ⅱ期 ・リンパ球増加
・脾臓や肝臓の腫れ(リンパ節の腫れの有無は問わない)
Ⅲ期 ・リンパ球増加
・赤血球数減少(貧血)
Ⅳ期 ・リンパ球増加
・0~Ⅱ期+ 血小板減少(貧血の有無は問わない)

【Binet(ビネ)分類】

早期

進行期

リンパ組織の腫れに関する評価は、Rai分類と同様です。

  説明2)
A期 ・リンパ組織の腫れが2ヵ所以下
・赤血球および血小板数が正常
B期 A期の所見+
・リンパ組織の腫れが3ヵ所以上
・赤血球および血小板数が正常
C期 B期の所見+
・貧血および/または血小板減少症

臨床病期は、治療開始の目安などに使われる

臨床病期は、治療開始の目安を判断するうえで必ず使われます1)

また、患者さんの予後についても予測ができます(予後についてはこちら3)

  • 1) 日本血液学会編: 造血器腫瘍診療ガイドライン 2018年版補訂版. 金原出版, 2020, pp.121-123
  • 2) Hallek M, et al. Blood. 2018; 131(25): 2745-2760.
  • 3) Montserrat E. New prognostic markers in CLL. American Cancer Society (ACS) Hematology. 2006; 1(1): 279-284.