慢性リンパ性白血病(CLL)の疾患Q&A

Q2

  • 慢性リンパ性白血病(CLL)の治療を開始する前、治療中、治療後に行われる検査の
    目的を教えてください。

A

CLLでは治療を開始する前、治療中、さらには治療後にも様々な目的で種々の検査を実施します。
各々の検査の目的や検査の種類は、以下の通りです。

  • 治療を開始する前の検査
    診断を確定するために血液検査、フローサイトメトリー検査、免疫組織学的検査、CT検査や骨髄検査などを行います。また、CLLの今後の経過(予後リスク)や治療の効果を予測するために、遺伝子や染色体の検査(FISH法など)が行われます。
  • 治療中の検査
    治療中に受けている薬物療法の効果や副作用の有無を判定するために、血液検査でリンパ球や赤血球、血小板の数を測定します。また、触診やCT検査でリンパ節の腫れや、肝臓・脾臓の腫れの程度を確認することもあります。
  • 治療後の検査
    治療後は経過観察をしますが、CLLの状態の再び悪化(再発・再燃)の有無を調べるためや、遅れて出現する副作用がないかどうかをみるために、診察や血液検査などを定期的に受けます。

【CLLライフ内 参考記事】

慢性リンパ性白血病(CLL)の診断と検査

【参考文献】

  •  日本血液学会編: 造血器腫瘍診療ガイドライン 2018年版補訂版. 金原出版, 2020, p.121-128.
  •  鈴宮 淳司. 特集 慢性白血病―最新の診断と治療―:慢性リンパ性白血病とその類縁疾患のWHO分類と診断アルゴリズム, 日本臨牀. 2021; 79(11): 1705‐1713.
  •  松永卓也. 特集 白血病:診断と治療の進歩 トピックス Ⅱ. 診断へのアプローチ. 2. 診断プロセス. 日内会誌. 2013; 102(7): 1676-1681.
  •  Catovsky D, Montserrat E. Chronic lymphocytic leukaemia and other B-cell disorders. In: Postgraduate haematology. 6th ed. Blackwell Publishing Ltd; 2011: 530-557.

確定診断時のよくある質問

その他のよくある質問